M&Kぶろぐ
原料 原料の一覧へ
製品 オンリーワン商品へ

ノニとはのページへ インドネシア原産ノニは「医者いらずの」の母なる果実。M&Kの日本導入により確実に健康食品の地位を確立した、今世紀最初の優れた健康機能食品です。 ノニとは

ノニ石鹸の詳細ページへ ノニ搾汁の効果を枠練り透明石鹸に応用した本格的なノニ石鹸。 ノニ石鹸の詳細

ブアメラのページへ パプア原住民6万年の秘密の栄養機能食品。世界注目の微量栄養素β-クリプトキサンチン高含有。肺がんなどの予防、骨粗鬆症予防や美容に。 ブアメラ

EVCO(イヴコ)のページへ 天然栄養素中鎖脂肪酸64%のココナッツオイル。エクストラ・ヴァージンだからトランス脂肪酸ゼロ。これからの食べる健康オイルです。 EVCO(イヴコ)

商品の注文、お問い合わせはTEL.0263-26-7588まで
M&Kぶろぐへ

カテゴリ: M&Kぶろぐ >ニームオイル >ニームケーキ >ニーム種子

ニーム(インド栴檀)は越冬しました

2012年04月17日 13:50 | コメント/トラックバック (0)

ニームの木は厳冬を耐え抜きました

昨冬の信州は、この十数年で最も寒さが厳しい年でした。

その中、数年前インドネシア・バリ島から持ち帰ったニームの木は3年冬を越しました。
ただ 頂部の葉は落ち、他の葉も僅か黄変しています。
今後、暖かくなり陽射しが強くなれば、緑濃い葉がでてくるでしょう。

一方、昨年夏に事務所内で発芽したインド産のニームの木は、3本中1本が生き残りました。
小さな鉢に植えていた2本は、水と土地の手入れが悪かったため、残念ながら枯れ死。
冬の間決して大きくは成長しませんでしたが、我慢強く生き残ってくれました。
5月になれば、大きな目の植木鉢に移し替えます。

この寒い信州でも、室内の昼間の暖房だけでニームは耐え、生存することが証明されました。

収穫後できるだけ早い、新鮮な主旨を日本の夏前に播種させることによって、20℃以上に温度管理された環境(温室、暖かい室内)に置くことによって、観葉植物としてニーム(インド栴檀)の木を楽しむことができるでしょう。
インドのニーム収穫期は8月以降になるため、日本での播種には少し遅くなります。
よって、本年は3~4月ごろ収穫のニーム種子を入手したいと考えています。

過去のニーム記録

2011年4月

2011年9月

2011年11月


コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ