M&Kぶろぐ

カテゴリ: M&Kぶろぐ >ニームオイル >ニームケーキ >ニーム種子

ニーム(インド栴檀)の木は室内で育成

2011年04月18日 12:10 | コメント/トラックバック (0)

ニーム(インド栴檀)の木は今年の厳冬を乗り越しました

信州松本の今年の冬は非常に厳しいものがありました。
一昨年10月にバリ島から持ち帰ったニームの木は、昨年の冬を乗り切り、猛暑も乗り越えました。
そして2年目の冬も乗り越えました。

2年目の冬は木が成長したため、室内内温室から取り出さざる得ませんでした。
陽のあたる窓際に置き、昼間はストーブ音頭で30度位に維持されるので問題はありませんでした。
しかし、週末で誰も出社しない時に室内温度は、10度以下になってしまいます。
一時は葉が枯れてしまい、乗り越えることが出来ないのではと危ぶまれました。
4月に入り、春の気配がするころより厳冬を乗り切ったと思えるようになっています。

西側窓の日当たりのよい場所に置く
週末の寒さに耐えて厳冬を乗り切る
一部の葉は枯れてしまった
(2011年4月18日)

幹より新芽も出てきている
(2011年4月18日)

バリ島で育つニームの木、約3年。
成長し過ぎのため頭頂部は切断したが、現在6~7mの高さに成長
種蒔きから現在まで放置状態で良く育つ

キーポイントは、暖かい環境だと思います。

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ