NEWS

カテゴリ: MKpedia >インドネシア >ショウガ >原料 >赤ショウガ >赤ショウガ乾燥品

インドネシア特産、赤ショウガ乾燥品

2018年11月10日 15:00 | コメント/トラックバック (0)

インドネシア特産の赤ショウガ乾燥品
原材料のご提供

赤ショウガとは
赤ショウガの学名はZingiber officinale var. rubrum。
インドネシア特産のショウガ、現地ではJahe Merah (ジャヘ・メラ)と呼ばれています。

ショウガはショウガ科の多年生草本。
ショウガを日常的に摂取するインドネシアでは、赤、白、黄の3種類のショウガが栽培されています。
赤ショウガは、皮がアントシアニンで赤いため赤ショウガと呼ばれます。

赤ショウガの特徴
赤ショウガは独特のショウガの匂い、辛みを持ち、ショウガ中最も成分・精油含量が高いため少量の飲用で発熱感を持ちます。
3種類の内で有効成分が完璧に含まれており、精油含量が最も多いため、インドネシアでは主に伝承医薬品として取り扱われています。
赤ショウガは採取後長期保存が出来ないため、直ちに乾燥させなければなりません。

赤ショウガの成分
6-ジンゲロール、8-ジンゲロール、10-ジンゲロール、8-ショーガオール、1,8-シネオール、リモネン、α-リノレンサン、カプリル酸などです。
赤ショウガの場合は上記成分に加えて、新規精油として1,7-ビス(3,4-ディヒドロキシフェニール)-3,5-ヘプタンディオール、2-カラノールを含むと言われています
(インドネシア産業省、農産物研究センター(CABI)報告より)。
この新成分には、スタミナ増強さようがあると言われています。

赤ショウガの用途
乾燥赤ショウガ原料はスパイスとして料理に、健康食品素材としてお使いいただけます。
滅菌済みの粉末品はそのまま、あるいは他の健康補助食品素材などを加え、ショウガ湯、清涼飲料水、錠剤、カプセル剤の原料としてご使用できます。
主として製薬会社製造の商品に用いられ、インドネシアの方々は食欲の増進、スタミナ増強、発汗促進、ダイエット食品として使用しています。

赤ショウガ乾燥品
約1年間栽培したものを、インドネシアで皮付きのまま切片にして乾燥させます。
赤ショウガは、日本のショウガと違い収穫から1カ月以内に変質してしまうため、現地で乾燥しなければなりません。
赤ショウガは無農薬、無化学肥料の自然栽培で安全。
ポジティブリストに基づく残留農薬検査で、赤ショウガは陰性です(残留農薬ゼロ)。

簡単な赤ショウガ湯
水かお湯で戻すことによって、生のショウガと同じように御召し上がることができます。

IMG_6585IMG_6586IMG_6588

 1)お湯を注ぎ、しばらく置いて下さい。
  抽出液は、そのままお飲みいただければ、赤ショウガの味をお楽しみいたけます。
  焼酎割にしますと、ピリッと辛く格別の焼酎味になります。
 2)お湯で戻した赤ショウガは膨れ上がり、辛党の方はそのままお酒の肴に食べるとお酒がすすむでしょう。
  抽出後の赤ショウガは、日本の黄色ショウガと同様に各種の料理にお使い頂けます。

赤ショウガ焼酎はご自宅でできる一味上の自己ブランド焼酎:こちらへ

赤ショウガ乾燥物:インターネット特別価格
 100g:2,000円(税込、送料、代引手数料込)
 1,000g:6,000円(税込、送料、代引手数料込)
(在庫数2㎏のみ)

食品会社向け赤ショウガ乾燥品
 100㎏よりご提供
 価格、納期等についてはお問い合わせください。

お問い合わせ、ご注文
電話(0263-26‐7588、月曜~金曜)
ファックス(0263-26‐7518、24時間受付)
メール:support@thisismk.co.jp

M&Kの健康食品素材

有機ノニジュース
ノニ果実凍結乾燥粉末
ノニ果実乾燥粉末
ノニ茶
赤い果実ブアメラ
EVCO
クスリウコン
ほっかほっか赤ショウガ
白ショウガ

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ