NEWS

カテゴリ: Kaempeferia rotunda >バンガジュツ >バンガジュツ粉末 >原料 >白ウコン

バンガジュツの収穫

2020年11月18日 14:42 | コメント/トラックバック (0)

今年もバンガジュツを収穫

バンガジュツとは

学名:Kaempferia rotunda L.
邦名:バンガジュツ
インドネシア: Kunir putih(白ウコン)、 Kunci pepet、Temu putih, Temu putri, Temu lilinm Ardong, Konce pet、 など
ショウガ科の多年生草本、ウコンの一種。
根茎は丸く塊状。
葉は長楕円、光沢があり30㎝、上面淡暗緑、下面紫色。
花は白、唇弁2深裂、濃紫~紅紫色。
若茎、根茎を食用。根茎は化粧品にも。
全草から精油。
バンガジュツはインドネシア保健省が認めるトップ100の有用植物に推奨。

2020年11月
春先より陽に当たるところで育てていました。
今年な美しん白と紫色の花も咲かせて、楽しませてくれました。
緑の葉が黄色く枯れてきましたので、来年のために根茎を収穫。

収穫成績

毎年同じ鉢で施肥もせず多くの根茎を育ててしまい、根茎の母株も娘株も小さめでした。

良質の澱粉の宝庫であり、インドネシア人が好んで食べる娘株の収穫量も少ない。
生あるいは少し湯がいてから食べますが、歯ごたえとねっとり感のある味。

娘株、澱粉の貯蔵庫

根茎は、苦味石灰、牛ふん乾燥肥料と園芸用土に埋めて、室内で越冬させます。
来年4~5月に新たな芽が吹き出すことでしょう。

バンガジュツ根茎の乾燥材と粉末



根茎乾燥材


国内製造、粉末

熱帯薬用植物の日本での大量栽培は困難です。
M&Kは、ジャワ島中部ジャワ州から母株根茎の乾燥材を輸入し、日本国内で粉末化しています。

母株の分与
本年収穫の母株をご希望者に分与します。
お問合せください。

バンガジュツの乾燥根茎及び粉末
ご購入とお問い合わせ
(株)エムケーラボラトリーズ
電話:0263-26-7588  ファックス:0263-26-7518
Email: support@thisismk.co.jp

 

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ