NEWS

カテゴリ: beta-cryptoxanthin >Dr. Nishigaki >パプア島 >ブアメラ >ブアメラの世界 >稀少果実 >西垣敏明 >赤い果実のブアメラ

ブアメラとパプアの人々

2021年12月07日 15:37 | コメント/トラックバック (0)

ブアメラとパプアの人々

このブログは、2013年に投稿された英文総説を翻訳機の助けを頂きながら、邦文に翻訳したものです。
翻訳邦文は数ページにも及ぶたの一部だけを投稿いたします。

ブアメラがインドネシアのパプア島高地に住む先住民との関わりが、ご理解いただければ幸いです。
なお、全文の英語あるいは邦文は、ご希望によりお渡ししますので、最後のお問い合わせからご指示ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

赤い果実とパプアの人々

Mathelda Kurniaty Rorenga,Toshiaki Nishigakib

a Faculty of Agriculture and Agricultural Technology, Papua State University, Indonesia
b M&K Laboratories Inc., 1286-18 Yamato, Azusagawa, Matsumoto, Nagano 390-1701, Japan
受理:2013年3月20日    改訂:2013年5月16日    受理:2013年5月30日

Warta IHP Vol.30. No.1, Juli 2013 : 37-48
Balai Besar Industri Agro
(農業産業センター)

ブアメラとパプア人

概要

ブアメラは赤い果実(Pandanus conoideus Lam)と呼ばれ、100年前から、赤い果実を抽出してペーストにすることにより、ジャガイモ、肉、野菜による食品加工の加工助剤としてパプアの人々に使用されてきたと報告されています。 ブアメラまたは赤い果実は、カロチン、脂肪、ビタミンEを多く含み、さらにタンパク質、炭水化物、ミネラルなども含まれていることが知られています。
一方、赤い果実油には、アルファカロチン、ベータカロチン、アルファ-クリストキサンチン、ベータ-クリストキサンチンの4種類のカロテノイドが含まれています。
この記事では、ブアメラまたは赤い果実の歴史、栄養価の内容、ブアメラの利点と安全性についてレビューします。

キーワード:ブアメラ、カロテノイド、抽出物

序章

パプア人とは何ですか?

現在生きている人類であるホモ・サピエンスは、約20万年前にアフリカで生まれたと言われています。
彼らは10万年前からアフリカを離れ、世界のさまざまな方面に移住しました。
一部のグループは中央アジアを通過してユーラシア大陸に移動し、約25,000年前にようやくシベリアに到達しました。
彼らは白人の祖先でした。

一部のグループはインド洋の海岸を通過し、約60,000年前に東南アジアに到着しました。
それらはモンゴロイドの祖先と見られています。
当時、地球は冷たく、海面は現在よりも低かった。
今日のインドネシアの群島のバリ島からのほとんどすべての西部の島々は、アジア大陸から分離されていませんでしたが、1つの大陸スンダを形成しました。

パプア島はオーストラリア大陸と結合し、サフル大陸を形成しました。
アフリカからの移民が簡単ないかだでサフル大陸の西部と北部に到達することは難しくありませんでした。
彼らの子孫はパプア人とオーストラリアのアボリジニです。

アフリカ人の一部のグループはスンダ大陸から北に転送し、約10,000年前に、ベリンギア(氷河のないベーリング海峡)と北アメリカを通過して南アメリカの端に到着しました。

地球温暖化と海面上昇に伴い、スンダ大陸とサフル大陸は消滅し、現在の地理的地形は10,000年前に形成されました。

このように、しばしばパプアと呼ばれる非オーストロネシア語族のオーストラロイド・メラネシア人として分類される現在のネイティブのパプア人は、少なくとも50,000年間パプア島に住んでいます(1、2)

パプアでは、湿地帯、沿岸低地、丘陵地帯と小さな谷、高地の4つの広いカテゴリーの生態環境が認識されます。
これらの各ゾーンは、異なる自給自足システムをサポートしています。

この記事は、ブアメラ(赤い果実を意味する)と一緒に高地の人々に焦点を当てています。
高地では、農耕と豚の飼育が主要な自給自足戦略です。

パプア島に上陸した移民の家族の中には、少なくとも32、000年前に、致命的な病気であるマラリアを回避するために、海抜1,500m以上の高地に移動した人もいます。
温暖化に伴い、森林は深くなり、高地は低地から隔離されました。

高地の住民は、1938年に先史時代の人間として世界に紹介されるまで、寒い気候、裸のような着衣、貧弱な動物性食品、シンプルな家など、ひどい状況下で生き残っていました。
しかし、現時点では、バリエム渓谷の高地住民であるダニ族の人口は5万人と報告されており、パプアで最も人口密度の高い地域の1つです(3、4)

ブアメラは高地の人々の一般的な食べ物です

膨大な数の人々が生き残ることができた理由の1つは、500年前に導入されたサツマイモの農業技術でした。 サツマイモは、人口を維持し、サポートするのに非常に良い食べ物です。 しかし、疑問が残りました。 あるキリスト教徒は、高地の人々が寒くて劣悪な状況下で生き残っている別の理由に気づきました。 彼は、高地住民が毎日摂取する、一般的な果物であるブアメラだと結論づけました。

部門:種子植物BuahMerah植物の分類は次のとおりです。
 綱:被子植物
 目:パンダナレス
 科:タコノキ科
 属:タコノキ
 種:Pandanus conoideus Lam

(訳注:ブアメラの英語名および邦名もないため、著者は邦名として「アカイタコノキ」と命名している。)

ブアメラはインドネシア語の名前で、赤い(メラ)フルーツ(ブア)を意味します。
パプアのバリエム渓谷の高地の人々は、それを「タウィ」または「ワタウィ」と呼んでいます。

特徴は、地球上の幹に由来する一つの幹にたくさんの根が張ることです。根の高さは150cmで幹を支えることがあります。
したがって、このタイプの植物はタコにちなんで名付けられています。
木は15メートル以上に達し、葉が豊富です。 ブアメラの木はとげのある枝よりも少ないです。
葉は深緑色で幅5〜10cm、長さ150cmになります。
葉の端はとげがあります。 開花後、緑の葉で包まれた緑色の果実は成熟し、葉鞘から生後6ヶ月で褐色から赤色に熟しているように見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バリエム渓谷のブアメラ

 

縦長の大きな果実は、長さ約1m、直径20〜30cm、重さ10kgです。
表面の肉厚は2〜3cmです。
弾丸の形をした種の周りの肉の部分は厚さ2mmだけです[5]


ブアメラと男の子


ブアメラ断面図


ブアメラ断面拡大図(表面)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高地の人々は、果実が成熟するたびにブアメラの果実を集めます。
果実は年に2回収穫されます。 収穫時期は地域によって異なります。
したがって、彼らはほぼ一年中ブアメラを取ることができます。

ブアメラには、短、中、長のサイズのものを含むいくつかの品種があります。
バリエム渓谷の高地では、地元のパプア人が最も経済的で栄養価の高い長いサイズの果物を栽培し、利用しています。
現在、低地に住む住民は高地からブアメラの木を移し、植えていますが、気候の関係から、バリエム渓谷とその周辺の高地で栽培された果実は栄養面で最も優れていると考えられています。
高地の気温は最低気温と最高気温の平均で14〜28℃で、低地に比べてわずかに雨が降ります。(7)

ブアメラの果実は、ペースト状のソースを作るために伝統的な方法で調理されています。
余ったペーストは竹の容器に入れて1年間使用すると言われています。
現在、ペーストや抽出油はガラス瓶に入れられています。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラス瓶に入ったブアメラペーストとオイル

ペーストは、蒸したり、ローストしたサツマイモ、サトイモ、野菜と一緒に摂取します。
結婚や特別な儀式などのいくつかの機会に、ブアメラは彼らの伝統的な調理方法であるパプア語のバカルバトゥで調理され、加熱された石で調理されます。
この調理法は、パプアやメラネシアからポリネシアに広がる可能性があります。

 

 

 

 

 

    火で熱された石    中に熱くなった石が入っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


熱いオーブンの中のサツマイモと野菜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バカルバトゥでは、加熱された石は各食材の間に配置され、石と食材の間に草を置くことによって食材に直接付着することはありません。

ブアメラの果肉を熱い石で加熱した後、下にある繊維層から分離し、水を入れます。
果肉を勢いよく混ぜ合わせ、手で絞って果肉を種から分離し、ペーストを作ります。ペーストは、ブアメラオイルと細胞マトリックスの混合物です。
ペーストは、調理された肉、ジャガイモ、野菜のソースとして使用されます。

調理されたブアメラの果肉は水と混ぜます

混ぜたものを絞るとペーストになりま

   

 

 

 

 

 

 

ブアメラオイルはペーストに

ペーストは調理済み食品のソースとして

 

 

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ