NEWS

カテゴリ: (株)エムケーラボラトリーズ >ブアメラ >体験談 >物質移転協定 >生物多様性条約 >西垣敏明 >赤い果実ブアメラ

赤い果実ブアメラ(1):12人の証言

2022年05月12日 11:39 | コメント/トラックバック (0)

Buah Merah ソフトカプセル(BM)の12人の症例報告

 

症例報告1:肺がん、74歳、男性

私は50年以上喫煙していました。 5年前、私は肺がんと診断されました。

左主気管支に直径約7cmのがんの結節ができた。

がんの位置が難しいため、手術は不可能でした。

腫瘍は扁平上皮肺癌として疑われた。

 化学療法と放射線療法は、医師による可能な限りの治療のために決定されました。

診断された直後、兄からBMとノニジュースを飲むように言われました。

私はこの提案に従いましたが、私はいかなる種類の栄養補助食品も摂取したことがありませんでした。

肺がん治療の前後に、毎日6カプセルのBMと約100mlのノニジュースを飲み始めました。

もちろん、私は喫煙をやめようとしました。

化学療法で髪が抜けましたが、耐え難い深刻な副作用はありませんでした。治療を完全に繰り返した後、私は退院し、BMとノニジュースを継続して服用しています。

毎月、主治医に診てもらうと、腫瘍の塊が小さくなり、やがて約5mmの傷になりました。

癌と臨床パラメーターは完全に正常でした。

医師は、この症例は彼の経験の中で非常にまれであると述べました。信じられないほどの完全な治療法。

治療から5年後、私は普通の人より健康で、強い食欲を持っています。私は毎日BMとノニジュースを飲んでいます。

 

症例報告2:大量喫煙による咳、61歳、男性

私は20歳のときに喫煙を始めました。

私は毎日2パックのタバコを使います。

だから私は40年間現在喫煙者です。

たばこを吸うと、歯を磨くときに咳、呼吸困難、嘔吐に悩まされていました。

また、加齢とともに、めまいや疲れ、体調不良を感じました。

5年前に私がBMを見つけ、BMがベータクリプトキサンチンに富んでいることに気づきました。

ベータクリプトキサンチンは、肺、前立腺、大腸、子宮などの癌に対する潜在的な化学予防成分であり、カロテノイド、ビタミンEなどの多能性食品サプリメントである可能性があることを私は知っています。

したがって、私は6カプセルを服用し始めました。毎日朝3回、夜3回。

摂取開始直後、カフと呼吸困難、1日2パックの連続喫煙にもかかわらず嘔吐が止まったことに気づきました。

さらに、私はより健康になり、目がくらむことも疲れることもなくなりました。

BMは、毎日のハードワークと深い睡眠で私を大いに助け、スタミナを与えると確信しています。

私は5年間BMを服用しており、過剰なオレンジによって引き起こされることが多い肌の色が黄色がかった色に変化するなどの有害事象はありません。

 

症例報告3:肺がん、ステージIIb、71歳、男性

彼は19歳から65歳まで45年の喫煙歴があります。

彼が肺癌の治療のために病院に入院したとき、ステージIIb、彼の友人はBMを取るようにアドバイスしました。

彼は2009年4月に2倍の量のBM、毎日12カプセルの服用を開始しました。

当時、彼は化学療法を受けていたため、重度の肺炎を患っていました。

6月、彼の医師は腫瘍のサイズが縮小していると言ったが、彼は肺炎に苦しんでいた。

8月、病状が改善し、上手に話すことができた(肺炎の改善)ため、医師から退院を命じられた。

医者は言って、腫瘍が彼が予想したより速くそして効果的に縮小したことに驚いた。

彼の妻は夫の友人に手紙を書き、彼がBMを服用している医師には言及していませんでした。彼女は、BMが肺がんを改善および治療すると強く信じています。

彼は、肺がんの再増殖を避けるために、BMを服用するとともに医師の治療に従うことを約束しました。

 

症例報告4:糖尿病、45歳、男性

私は健康で、40歳になるまで病気になりませんでした。

私の40代前半から、私の血糖値は上昇を示しました。

不規則なライフスタイルやジャンクフードが原因である可能性があります。

2008年5月の血糖値とHbA1Cはそれぞれ373mg/dLと12.0でした。

私はライフスタイルを変え、天然ハーブ食品を摂取することで自分の状態を改善することにしました。インドネシアの天然薬用植物であるノニジュースとBM。

それらは合成物質なしで100%純粋です。

私は2008年5月10日から毎日60mLのノニジュース(30mL x 2、朝と夜)と6カプセルのBM(毎食後に2キャップ)の両方を飲み始めました。

自然療法を開始してから20日後、血糖値は253mg/dLに低下しました。

自然療法開始後50日で166mg/dL、3ヶ月で144mg/dLを服用するとともに血中濃度が低下した。

HbA1CレベルもノニジュースとBMを摂取した後3ヶ月で7.2に低下しました。

さらに、私の体脂肪指数は、治療前の17.2%と治療後の14.2%から変化しました。

どちらの自然食品サプリメントも私を若くしてくれると思います。

 

症例報告5:肺がん、70歳、男性

2008年5月、左肺3cmの肺がんと診断され、転移は認められませんでした。

6月に7月中旬から化学療法を受けました。

私の現在の健康状態は外科手術に耐えられないと彼の医者から言われ、その後化学療法が始まりました。

化学療法のために、深刻な副作用が現れ、私は完全な食欲を失いました。

その間、私は友人から、インドネシアのパプア島からベータクリプトキサンチンが豊富な新しい機能性食品であるBMを摂取するように勧められました。

彼は私に、肺がんなどを予防するための世界的に有名な微量栄養素であるベータクリプトキサンチンについて説明しました。

病院で治療を受けている間、毎食後に2カプセルを服用し始めました。

BMを服用してから3日後、食欲を感じ、息子も以前に比べて見栄えが良くなったと言いました。

私はまた、新しい抗がん剤療法が副作用を引き起こさなかったことを経験しました。

8月末(BM開始から1ヶ月後)に、肺がんのサイズが3cmから2cmに縮小しました。

9月に体重が4kg増えたので退院しました。

12月に癌は縮小し、5mmの大きさの瘢痕になりました。

腫瘍マーカーは正常レベルに低下しました。

 

 

症例報告6:便秘と皮膚の状態の改善、45歳。女性

私は、不十分な食物摂取と喫煙による生殖の問題と便秘に苦しんでいました。

インドネシアのパプア産の新しい機能性食品BMの有効性を本で知っていたので、彼女はBMを使って自分でテストするための機能を調べることにしました。

今から3ヶ月経ちましたが、一貫した便秘がなくなり、肌が綺麗になりました。

 私は喫煙をやめられず、私が独身であるため、彼女は肺がんと乳がんの可能性を心配しています。

BMはこのような加齢に伴う病気を予防するための有望な化学療法予防天然薬であると誰もが知ることができます。

 

 

症例報告7:関節痛の改善、69歳。女性

私は関節痛とカイロプラクティック療法の両方に10年以上苦しんでいます。

2年前、私はBM研究の専門家からBMを取るようにアドバイスされました。

私は確信が持てず、BMのような天然のサプリメントが私の苦情を改善または緩和するかもしれないことを恐れていました。

しかし、3ヶ月と6ヶ月の時間とともに、私は毎日カイロプラクティック療法のクリニックを訪れていないことに気づきました。

その訪問数は絶対に減少しました。

そして、私は長距離を歩くのに困難を感じませんでした。

私はBMに少しお金をかけましたが、毎日のカイロプラクティック療法の支払いよりも安いです。

私は健康を維持するためにお金を使うことを気にしませんが、私の費用から利益を得ることが不可欠です。

BMは私の考えをコミットできると確信しています。

 

症例報告8:リウマチの改善、70歳、女性

私の母(70歳)は、指を握ったり伸ばしたりするのが困難な指関節リウマチを患っていました。

BMの開始から3〜4か月後、彼女は指が簡単に動くことに気づきました。

そのため、指の痛みがなくなり、痛みを感じることなく指をうまく動かすことができました。

 

症例報告9:母親のためのメディケア、40歳、女性

私は東京のインドネシア大使館で働いています。

BMは日本人研究者の一人によって研究開発されてきました。

彼の研究報告に基づいて、私はその利点を実感し、それを取り入れ始めました。

さらに、インドネシアのパプアからのBMは、インドネシア政府と日本の起業家であるM&K LaboratoriesIncとの間の相互の物質移動合意書の対象となることを知っていました。

国連による生物多様性条約に基づいており、BMと見なされる本は研究者によってインドネシア語で出版されました。

だから私はBMのメリットを本当に理解しています。

私は自分自身が健康であると感じており、インドネシアに住む私の古い母親に定期的にBMを送っています。

 

症例報告10:衰弱の改善、46歳、男性

私は身長167cm、体重47kgで、BMを服用する前のBMI(ボディマス指数)は16.5でした。

それで、私はとても衰弱し、栄養が不足していました。

以前から、私は胃の問題に苦しんでいます。

BMはやせ衰えに効果があるのではないかと気づき、2009年4月から1日4カプセルのBMを服用し始めました。

私のBMIは、BM摂取開始から1か月後に以前の値(16.5)から17.3に増加しました。

BMが私の衰弱を改善したと確信しています。

私は衰弱や栄養不足と戦うためにBMを服用し続けます。

 

症例報告11:乳がんからの治癒、40歳、女性

多発性乳がんと診断されたので、2008年2月から1日3回60mL×3回のノニジュースを飲み始めました。

私の乳がんは3月からエレッサで化学療法を受けるので、BMを補給することにしました。

私は毎日3カプセルのBMを服用し始めましたが、現在は6カプセル、2カプセルx1日3回増加しています。

BMを服用してから1か月後の検査では、胸膜液の量が確実に減少し、X線の半透明性が弱まっていることが明らかになりました。

私の医者は急速な改善にとても驚いていました。

同時に、私の全体的な状態が良くなり、私の日常生活はとても良くなりました。

検査の2か月後、わずかな貧血が見られましたが、肝臓と腎臓に機能障害は見られませんでした。

乳がんにノニジュース、BMのどちらに効果があるのか​​わかりませんでしたが、両方の自然療法を継続していきたいと思います。

 

症例報告12:皮膚の問題に効果的、72歳、女性

私は主婦です。

私は若い頃から体の冷えや肌のトラブル(粗い/荒いスキー)に悩まされていました。

毎冬、肌が乾燥し、背中や腕にかゆみを感じました。

そのため、肌が荒れていて、友達と一緒に温泉に入ると恥ずかしかったです。

2006年8月からBMを服用するように勧められ、食後に2カプセル×1日2回摂取し始めました。

冬になるとまた肌のトラブル(乾燥肌)が気になりましたが、かゆみや出血によるけがなどの深刻な肌トラブルはありませんでした。

私の肌はとても滑らかでした。

私の肌の問題のこの改善は、BMの摂取によって引き起こされたと私は信じています。

 

 

 

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ