M&Kぶろぐ
原料 原料の一覧へ
製品 オンリーワン商品へ

ノニとはのページへ インドネシア原産ノニは「医者いらずの」の母なる果実。M&Kの日本導入により確実に健康食品の地位を確立した、今世紀最初の優れた健康機能食品です。 ノニとは

ノニ石鹸の詳細ページへ ノニ搾汁の効果を枠練り透明石鹸に応用した本格的なノニ石鹸。 ノニ石鹸の詳細

ブアメラのページへ パプア原住民6万年の秘密の栄養機能食品。世界注目の微量栄養素β-クリプトキサンチン高含有。肺がんなどの予防、骨粗鬆症予防や美容に。 ブアメラ

EVCO(イヴコ)のページへ 天然栄養素中鎖脂肪酸64%のココナッツオイル。エクストラ・ヴァージンだからトランス脂肪酸ゼロ。これからの食べる健康オイルです。 EVCO(イヴコ)

商品の注文、お問い合わせはTEL.0263-26-7588まで
M&Kぶろぐへ

カテゴリ: M&Kぶろぐ >たまねぎ >やまと姫 >インドネシア >ニームケーキ >プレゼント >中部ジャワ >超小玉赤たまねぎ

インドネシア特産超小玉赤たまねぎ、「やまと姫」栽培中

2017年06月03日 16:01 | コメント/トラックバック (0)

インドネシア特産の超小玉赤たまねぎ
やまと姫をブランド化
信州安曇野で栽培試験中

2017年6月3日
安曇野に3月と5月に植えた超小玉の赤たまねぎ、やまと姫、は順調に成長しています。
インドネシアでは72~75日で収穫できますが、こちら安曇野ではもう少し時間がかかりそうです。
ニームケーキ・ペレット、天然肥料 N:P:K=5:1:1を与えていますので、効果がありそうです。
3月に植えたものは既に60日を超えており、花(ごぼうといわれる)は切除しています。
茎は太くなってきています。
試しに1本抜いて見たところ、ニンニク様に成長し、一房に何球も付けていません。
試食して頂きましたが、玉ねぎの味に加えて甘さがあるとのこと。

DSC_1232DSC_1234

2017年5月20日
玄関脇の小さな区画にやまと姫を植えました。
本年2月にインドネシアの中部ジャワから持ち帰ったものです。
日本に持ち帰ると、湿気によって直ちに発芽したため広げて乾燥保存していました。

4月に植えたところたちまち発芽し、現在ほぼ100%発芽したように見えます。
一つの「やまと姫」から、4~5本の葉が伸長しています。
日本の玉ねぎに比べて非常に細く、か弱い感じがします。
1週間前にニームケーキ・ペレットを与えてました。

雨水が当らないため、毎日水やりをしています。
非常に水を欲しがる「やまと姫」です。
「やまと姫」をブランド化することが夢です。

こことは別の安曇野の畑で、降旗ご夫妻のご協力を得て、栽培を試しています。
後日、成長具合をご紹介いたします。

やまと姫1 やまと姫2
2017年5月20日撮影

2017年2月28日
前々から気になっていたインドネシアの小さな赤いたまねぎ。
市場に行くと大量に売られています。
しかし、日本で販売されている白色の300gにもなる玉ねぎは見たこともありません。
中部ジャワでは、米に代わって広大な土地に超小玉赤たまねぎが栽培されています。

20161201_160209

インドネシア中部ジャワ州の超小玉赤たまねぎの栽培風景(車中用撮影)

超小玉赤たまねぎ
幅2~3cm、高さ3~4㎝の大きさ。
表面の薄皮、内部の表層は赤紫色、輪状に薄いあずき色を呈しています。
恐らくアントシアニンによるものでしょう。
生の味は、苦味があり日本のたまねぎと変わりませんが、やや甘みがあります。
汁は涙線を刺激し、涙が出ますし、鼻水もでます。
薄切り後水に晒す、しばらく放置すれば苦味は和らぎます。

大きな違いは、小さく、赤く、たまねご嫌いの方でも食べられると云うこと。
超小玉赤タマネギを蒸し焼きにし、2球を食べましたが全身が熱くなりました。

インドネシア超小玉赤たまねぎ

食用の超小玉赤たまねぎ

皮をむいたたまねぎ

薄皮を剥がすと赤紫

たまねぎ割面

割面では表層は赤紫色をしている

蒸し焼の赤たまねぎ

アルミフォイルに包みトースターで蒸し焼き
柔らかく、辛みもない

薄切り赤たまねぎ

薄切り

商品ご購入でプレゼント
このプレゼントは時期が外れてしまい現在中止です。
今回、インドネシアより超小玉赤たまねぎを少量ですが持ち帰ってきました。
弊社商品ご購入の方には、苗用のたまねぎ、5球を差し上げます。
観葉植物としても楽しむことができます。
植える前に尖った部分を平行に切り落とすと発芽が効率的とインドネシアの農家の方より教わりました。
育て方は不明ですのが、通常の球根植物と同じ方法で良いのでjはないかと思います。

発芽用種赤たまねぎ

種用の超小玉赤たまねぎ
中央のたまねぎは発芽している

赤たまねぎ植えて4日

会社内の植木鉢に植えて4日目

お問合わせ
(株)エムケーラボラトリーズ
電話:0263-26-7588 ファックス:0263-26-7518
メール:support@thisismk.co.jp

商品お買い上げ時に種用赤たまねぎ必要と申して下さい

IMG_7495

早朝、インド洋の高波の海辺で憩う人々

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ