M&Kぶろぐ

カテゴリ: (株)エムケーラボラトリーズ >Jahe Merah >M&Kぶろぐ >インドネシア >おかげさまで20年 >赤ショウガ >赤ショウガ酒

赤ショウガ酒製造日記

2019年12月28日 13:05 | コメント/トラックバック (0)

赤ショウガ酒製造日記

第9回
令和元年12月26日、第8回目のブアメラ焼酎を飲む間に、次の焼酎の準備を行う。
今回は芋焼酎をベースに赤ショウガ粉末を使ってみることにしました。


薩摩焼酎、25度、900 mLに赤ショウガ粉末40gを添加。
さて、どんな味になるか。

第8回
12月24日に2か月抽出、熟成の赤ショウガ酒を精製(ろ過)しました。


赤ショウガ酒のろ過風景
若干混入する赤ショウガ微細乾燥材を取り除く


2か月も抽出熟成させた赤ショウガ焼酎は、最も安い焼酎を使用したが良い味。
冬だがお湯割りや水で割るのがもったいなく、ロックでいただいています。


ロックで飲む赤ショウガ酒

第7回
2019年9月17日
第6回の製造を6月に行ったのですが、既に飲み終わってしまいました。

第7回では、20度いいちこ、2L
赤ショウガ乾燥片、50gx2
蓋便を用意し、各50g赤ショウガと焼酎1Lを加えて、約2週間浸漬抽出。
コーヒー濾紙でろ過して、赤い色の赤ショウガ酒の出来上がりです。


第5回
2018年7月30日
今年は、氷砂糖を加えて少し甘みのあるアカショウガ酒としました。
25度いいちこ、1L
赤ショウガ乾燥片、50g
氷砂糖、50g

約2週間抽出熟成。
水で2倍希釈、氷を加えて食後のひと時を楽しむ。

第二回、追加抽出試験
2016年6月15日
1週間抽出した酒の残り赤ショウガに新たに「25度のいいちこ」約1.3Lを追加

 

IMG_6866

再抽出によって赤ショウガ酒ができるかどうか楽しみである。

6月22日
再抽出1週間後

IMG_6939

第一回目の抽出に比べて色は薄い。
水割りにしないで、ロックで飲むと色の薄さは気にならない。

IMG_6943

抽出後の赤ショウガ。
乾燥片は水分によって、元の大きさに回復。
齧ると赤ショウガ独特の辛みが強い。
抽出後の赤ショウガは、様々な料理の隠し味に使用できそうです。
青魚の匂い消しにも向いているでしょう。

第一回目赤ショウガ酒製造
2016年6月8日:仕込み

IMG_6835

焼酎は無色に近い

2016年6月9日
浸出後1日

IMG_6838

既に赤ショウガの浸出色がついてきている
飲むと赤ショウガの辛みがある
1日でも十分かも知れない

2016年6月15日
抽出7日、完成

IMG_6860 IMG_6862

赤ショウガのアントシアニンがよく抽出された

IMG_6864

珈琲用のフィルターでろ過し、ウイスキー瓶に保存

IMG_6865

早速水割ロックで頂く
赤ショウガの匂いと強い辛みのある味の赤ショウガ酒である
1週間で美味しいアカショウガ酒のできあがり
好みによって赤ショウガ酒の量を変え、水割、お湯割りでお召し上がりください。



赤ショウガ乾燥片、100g
 
インターネット価格

 100g: 1,980 円, 1,000g: 7,800円
(いずれも税込、送料, 代引手数料込みの価格)

 
お問い合わせ、ご注文
 電話(0263-26‐7588、月曜~金曜)、ファックス(0263-26‐7518、24時間受付)
 メール:support@thisismk.co.jp

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ