M&Kぶろぐ
原料 原料の一覧へ
製品 オンリーワン商品へ

ノニとはのページへ インドネシア原産ノニは「医者いらずの」の母なる果実。M&Kの日本導入により確実に健康食品の地位を確立した、今世紀最初の優れた健康機能食品です。 ノニとは

ノニ石鹸の詳細ページへ ノニ搾汁の効果を枠練り透明石鹸に応用した本格的なノニ石鹸。 ノニ石鹸の詳細

ブアメラのページへ パプア原住民6万年の秘密の栄養機能食品。世界注目の微量栄養素β-クリプトキサンチン高含有。肺がんなどの予防、骨粗鬆症予防や美容に。 ブアメラ

EVCO(イヴコ)のページへ 天然栄養素中鎖脂肪酸64%のココナッツオイル。エクストラ・ヴァージンだからトランス脂肪酸ゼロ。これからの食べる健康オイルです。 EVCO(イヴコ)

商品の注文、お問い合わせはTEL.0263-26-7588まで
M&Kぶろぐへ

カテゴリ: M&Kぶろぐ

卯年、M&Kは起業理念を現実に

2011年01月17日 17:35 | コメント/トラックバック (0)

正月の実感もなく15日を過ぎてしまった
平成の正月というか母・兄が亡くなり帰省という行動が無くなってから、正月とは縁遠くなってしまった。
唯一、ここ信州松本の菩提寺(墓はまだ)で除夜の鐘を突き、氏神様への参拝を行なうのみ。

改めて過去1~2年を振り返り、本年必ず実施成功させねばならない目標を挙げて、精進したい。

私のビジネス理念は、熱帯薬用植物を代替医薬品級の栄養機能性食品として研究開発し、現代医学の弱点および欠陥である予防医学の分野で日本国民、可能であれば全世界に提案、供給することである。

還暦も過ぎ、大学の研究室は病理学であることから、機能性食品の研究にはなじまない。
よって、対象をノニ、EVCOおよびブアメラに絞り、少ない財を効率的に配分している。
人的資材は他の大学やインドネシアに依存している。

ノニについては、念願の有機JAS、EUおよびUSDAの認定がとれ、HACCPシステム工場の品質・安全性管理が法的に充実した。
本年、3月からはインドネシア国産の有機JAS・EU・HACCP/東京ノニ研究所認定の100%新鮮ノニ搾汁を日本市場に導入する。
日本人はノニジュースの品質と効果に関して全くの無知で、ノニジュースはどれも同じと考え、安い商品を購入する傾向にある。
脳卒中時の延命効果を確認し、さらに科学的な研究を継続している。
ノニジュースに関する啓もう活動が、一番の重要目標となる。

EVCO(エクストラヴァージンココナッツオイル)については、市場導入に失敗したと言える。
オイルに対する既成認識を打破することは非常に困難fだし、天然オイルの匂いや熱帯オイルの政情が日本の気候に合わないことも一因である。
しかし、天然の中鎖脂肪酸中心のEVCOは、死亡原因のトップである血管病変の抑制、アレルギーや乳がんなど近代的疾患の予防に有効と考えている。
美味しく食べられ、日本人の嗜好にあったEVCOの開発を目指す。

ブアメラについては、既に研究開発を行なって5年が経過した。
書籍の出版、抗腫瘍作用の確認、研究報告、分析法の確立などを行ない、3種類のブアメラ製品を上市している。
昨年は新聞広告を出すも無反応に近い。
今まで信じられていたβーカロテンの作用はいまや否定され、β-クリプトキサンチンが緑黄色野菜や果実の肺がんなど腫瘍性疾患の抑制効果物質である。
新しいビタミンの登場である。
ブアメラ原材料の製造にインドネシア・パプア州政府の援助を期待して約2年間動いたが、公的な機関が民間に支援することは困難であることが判明。
無駄な時間を費やしたが、パプア州政府交換が個人的に協力をしてくれるようになり、それなりの成果が表れつつある。
ブアメラに新しい効能が見つかり、大いに期待される。

これら熱帯植物の栄養機能性は、他のいわゆるサプリや健康食品に劣るとは言えないが、認知度は低い。
コラーゲンなどの生体内生産物質のサプリが売れる世の中。
大企業が似非科学を標榜するとは許せないが、これが日本の現状。

結局、商品の認知はアメリカなどの先進国で評価を得ての逆輸入あるいはテレビで大々的に宣伝するしかない。
販売戦略の善し悪しに帰結するもので、もっとも苦手な分野だ。

マーケティングに優れ、商品の価値を理解してくれるパートナーを得ることが、最も重要と認識しており、この方向で動きたい。
外に出て大いに様々な方と意見や情報の交換を行ないたい。

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ