M&Kぶろぐ
原料 原料の一覧へ
製品 オンリーワン商品へ

ノニとはのページへ インドネシア原産ノニは「医者いらずの」の母なる果実。M&Kの日本導入により確実に健康食品の地位を確立した、今世紀最初の優れた健康機能食品です。 ノニとは

ノニ石鹸の詳細ページへ ノニ搾汁の効果を枠練り透明石鹸に応用した本格的なノニ石鹸。 ノニ石鹸の詳細

ブアメラのページへ パプア原住民6万年の秘密の栄養機能食品。世界注目の微量栄養素β-クリプトキサンチン高含有。肺がんなどの予防、骨粗鬆症予防や美容に。 ブアメラ

EVCO(イヴコ)のページへ 天然栄養素中鎖脂肪酸64%のココナッツオイル。エクストラ・ヴァージンだからトランス脂肪酸ゼロ。これからの食べる健康オイルです。 EVCO(イヴコ)

商品の注文、お問い合わせはTEL.0263-26-7588まで
M&Kぶろぐへ

カテゴリ: M&Kぶろぐ >インドネシア >ノニ茶 >ノニ茶ダイエット >ノニ茶健康法

ノニ茶健康法(4):ノニ茶に合う水検査実験報告

0201年06月03日 18:40 | コメント/トラックバック (0)

ノニ茶に合う水検査実験報告

 夏はミネラル水や清涼飲料水を大量に飲む季節。
市販のミネラル水などを利用して、ノニ茶ティバッグで貴方だけのノニ茶飲料水を作って夏バテ防止に。
そのためにもノニ茶に合う飲料水の適合性は重要です。

インドネシア産ニ茶の特徴
1)ノニの故郷インドネシアの無農薬・無化学肥料のノニ葉使用
2)インドネシア政府の科学研究所(LIPI)が原料供給し、平泉のお茶老舗で特殊焙煎製造
3)窒素充填処理による劣化防止
4)ノンカフェインと低タンニンのお茶だから胃にやさしい
5)日本茶にはないアスペルロシドを含有し、ミネラル分豊富

 

使用飲料水
セブンイレブンとサークルKで売られている飲料水11種、韓国の土水、松本市の水道水、計13種類(いずれも500ml)を用いてノニティーバッグ(1.6g)の抽出力と味について室温下で実験。

S社南アルプス天然水 HW社レモンウォーター
KT社新潟谷川岳岩清水 CC社Aquarius
KR社Volvic O社アミノバリュー
O社Ion Water S社Contrex
KFG社アルカリ天然水 D社地奨水
H社六甲のおいしい水 松本市水道水
O社ポカリスエット

抽出力はノニ茶ティーバッグを瓶内に入れてから1、3、6及び24時間後に色で確認しました。
味は抽出6及び24時間後に確認しました(独断)。
 
試験結果
1時間後:どの水もM&Kが納得できる十分な抽出がえられない。 
3時間後:松本市水道水が最も良好な抽出。
 


右から左へと順に上記表の飲料水。右の松本市水道が最も良好な抽出。

6時間後:天然水などの色は濃くなり抽出は可也進む。
     ノニ茶の味も感じられるが、松本の水道水を上回るほど出ない。
      しかし調整飲料水の抽出力は弱く、ノニ茶本来の味は得られない。

24時間後:天然水の色はほぼ同等になる。
      ノニ茶独特の風味を味わえられるが、幾分差がある。
      調整飲料水(イオン水を含む)の抽出力は弱い。
  



順に1、2、3、5、6、11,12,13の天然水はほぼ同様の色を呈す。ただし、味は幾分差がある。

結論
ノニ茶ティーバッグ(1.6g)を市販のペットボトル入り飲料水(500ml)に入れて、独自のノニ茶飲料水を作る事ができる。
およそ6時間ほど抽出するとノニ茶独特の風味を味わえる。

しかしIon Water, ポカリスエット、アクエリアス、レモン水、アミノ酸入り飲料(そもそもこのような飲料は販売される質のものではない)はノニ茶との相性が悪い。様々な科学合成物質が含まれるため、自然素材の味がない、出ない。

天然水でも、フランスのContrex水は喉がいがらっぽく推奨できない。
谷川岳の岩清水や韓国の地奨水は、ノニ茶の風味がやや劣る。

推奨できるものはフランスのVolvic水島根県のアルカリ天然水六甲のおいしい水松本市の水道水であった。
松本市水道水が期待に反して最も良いとの印象をもった。
松本市水道水と同等の質を持つ水は全国の多くのところでもあるのでこれを利用すべきであり、あえてペットボトル入りの水をガソリンより高い金を出して買う必要がないのではと結論できる。
おいしくて栄養のあるノニ茶で夏に立ち向かいましょう。

ノニ茶のご購入 
http://www.bali-club.jp/
http://www.beigedo.jp/
http://www.noniplaza-do.com/
http://item.rakuten.co.jp/aikanhonpo/noni_tea02/


ご不明な点は弊社にお問い合わせください
電話:0263-26-7588(月~金、9~17時)
ファックス:0263-26-7518(24時間受け付け)
メール:support@thisismk.co.jp

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ