M&Kぶろぐ

カテゴリ: M&Kぶろぐ >アルツハイマー病 >ノニジュース >ノニジュースPP

ガンより怖い認知症とアルツハイマー病

2014年04月30日 12:22 | コメント/トラックバック (0)

増加する認知症、アルツハイマー病
ノニジュースは予防、改善に役立つか?

恍惚の人
昭和47年に有吉佐和子さんの「恍惚の人」が発表され、森繁久弥氏主演による映画化はヒットし、私たちは驚愕の将来を見てしまいました。
当時は認知症などの言葉はなく、痴呆状態を文学的に表現したのが、「恍惚」でした。
団塊の世代も当にこの恍惚の年代に近づいてきています。

増加している認知症患者
昨年春発表された報告によりますと、日本には一昨年(平成24年)、462万人の認知症患者がいるとのこと。
また、軽度認知症障害者は400万人と推測されています。
65歳以上の4人に1人は認知症やその予備軍です。
身の回りで認知症患者さんの経験をされた方は、おそらく大半だと思います。

 *個人的な経験ですが、明治45年生まれの母はノニジュースが飲めなかったため、ノニ凍結乾燥粉末カプセルを愛飲。
   好奇心旺盛さは95歳の天寿を全うするまで衰えず、ボケる(認知症やアルツハイマー病)ことなく人生を謳歌しました。
   日本にノニジュースが紹介されてから10数年、継続してノニジュースを飲まれている80歳、90歳代の女性からは年齢相応に健康に暮らしている、とのお便りを定期的に戴きます。
   認知症やアルツハイマー病の気配は全くありません。

認知症は加齢とともに増加
認知症の原因は、多大な研究費をつぎ込んでいる現代医学研究をしても、はっきりと分かっていません。
老人斑や神経原線維変化(下写真参照)による脳の神経細胞の委縮、喪失が現象的な知見です。
分っていることは、ほとんどの認知症は加齢とともに増加すること。
その多くはアルツハイマー病と100年前に命名された疾患です。

IMG_4144
IMG_4145 
「病理組織アトラス」、編集飯島宗一ら
分光堂 より

老化に伴って記憶力などは低下してきますが、そのスピードは緩やかです。
自然現象です。
しかし、記憶力などのスピードは遅くしていきたいものです。

アルツハイマー病
一方、アルツハイマー病の場合は、非常に早く記憶力の低下、会話や判断する能力が低下してきます。
症状の進行が速いのが特徴的です。
しかし、身体は元気なので、徘徊することが多くなります。

がんより怖いアルツハイマー病
平成26年4月26日の警察庁報告によりますと、平成24年に排回により疾走された方は9600人余り、その内359名が亡くなられていたそうです。
65歳以上の4人に一人が認知症になると言われています。
確実に増加する認知症、アルツハイマー病。

この病気に陥ると患者さんの家族や知人・友人との関係は喪失してしまい、過去の栄光、人格、尊厳がなくなってしまいます。
家族から軽蔑され、今までの愛する気持ち、尊敬の念は長生きすればするほど、嫌悪に代わってしまうことでしょう。

人間失格の烙印を押されたようなもので、ガンより怖い病気と言えます。

アルツハイマー病に罹りやすい体質
まだ、アルツハイマー病が社会的に認知されない時代のこと。
医学部内で常識として、アルツハイマー病に罹患する方は、高教育を受けた方、物事を真剣に考えたり、真面目に仕事を行なった方に多く、定年退職後に比較的早く症状が現れるとのことです。

団塊の世代は高度成長に伴い、企業戦士として家庭をも振り返らず、朝から夜遅くまで黙々と働いてきました。
退職により毎日が日曜日になってしまい、人生の目標がなくなると発症する可能性が高いように思われます。

認知症、アルツハイマー病の医薬品
今まで原因の解明、症状・病気の予防や治療の研究が行われていますが、いまだかって決定的な医薬品は開発されていないのが現状です。
特殊蛋白や遺伝子の発見、ワクチン療法の試み、喫煙が発症を抑制するなどの仮説がありましたが、決定的な予防、治療法は見つかっていません。
日本で開発された医薬品も臨床で使われるようになりましたが、アルツハイマー治療薬も進行を止められないようです。

その中でも信頼のおける原因としては、脳の血液循環の障害や炎症が大きく考えられています。
特に日本人の場合、脳血管障害性のアルツハイマー病が多いとされています。
関節リューマチなどの病気で抗炎症薬を飲んでいる患者には、明らかにアルツハイマー病が非常に少なく、炎症が原因と考えられる根拠になっています。

インドネシア産ノニジュースへの期待
最近、日本での研究でインドネシア産のノニジュースが慢性関節リューマチに効果があることが分かりました。
インドネシアでは古くからリューマチにノニ果実を治療に使用しています。

インドネシア産ノニジュースの血液さらさら効果は、東京ノニ研究所 が発表しています(ノニ科学読本、2)
また、高血圧や脳卒中の延命効果も、インドネシア産ノニジュースで確認され日本薬学会やバリ島での国際学会でも報告されています。

いわゆるボケ防止に、インドネシア産のノニジュースは期待できる熱帯有用果実ジュースになるかもしれません。
インドネシアの方が連綿と使用する成熟ノニ果実の新鮮ジュース、これに匹敵する有機ノニPPグレードジュースを毎日飲んで頂きたいものです。

アルツハイマー病がよく分かる推奨図書
「アルツハイマー病とは何か」
医学博士 岡本 卓 著
角川新書205
定価800円+税
IMG_3884

お問い合わせ
電話:0263-26-7588  ファックス:0263-26-7518
メール:mk-info@thisismk.co.jp
お問い合わせ、コメント欄からでもどうぞ

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ