M&Kぶろぐ
原料 原料の一覧へ
製品 オンリーワン商品へ

ノニとはのページへ インドネシア原産ノニは「医者いらずの」の母なる果実。M&Kの日本導入により確実に健康食品の地位を確立した、今世紀最初の優れた健康機能食品です。 ノニとは

ノニ石鹸の詳細ページへ ノニ搾汁の効果を枠練り透明石鹸に応用した本格的なノニ石鹸。 ノニ石鹸の詳細

ブアメラのページへ パプア原住民6万年の秘密の栄養機能食品。世界注目の微量栄養素β-クリプトキサンチン高含有。肺がんなどの予防、骨粗鬆症予防や美容に。 ブアメラ

EVCO(イヴコ)のページへ 天然栄養素中鎖脂肪酸64%のココナッツオイル。エクストラ・ヴァージンだからトランス脂肪酸ゼロ。これからの食べる健康オイルです。 EVCO(イヴコ)

商品の注文、お問い合わせはTEL.0263-26-7588まで
M&Kぶろぐへ

カテゴリ: お知らせ >ブアメラ500VE

オイリースキン(油性肌、にきび)とブアメラ

2014年10月01日 13:15 | コメント/トラックバック (0)

オイリ―スキンはにきびの原因
ブアメラ・ソフトカプセルは美容食品

赤い果実ブアメラ
M&Kがインドネシアのパプアで発見した赤い果実「ブアメラ」には、微量栄養素ベータ・クリプトキサンチンが豊富に含まれます。
ベータ・クリプトキサンチンは化学的にはプロビタミンA(体内に入りビタミンAに変換)というキサントフィルに包含される微量栄養素です。
健康な方の血液中には、ベータ・クリプトキサンチンが20~30μg/dL濃度含まれています。

アメリカ人は、肺がん予防にはこのベータ・クリプトキサンチンを毎日約100μg(0.1mg)を摂取してます。
緑黄色野菜・果実やカボチャ、みかん、パパイヤなどにも含まれていますが、現代人には不足がちな微量栄養素です。

ベータ・クリプトキサンチンは、ベータ・カロテン(カロチン)に代わりごく最近注目を集めるようになりました。
体内でビタミンAに変換され効果を示すと信じられていますが、ビタミンAに変換されることなく様々な生理活性を示す事が示唆されてきました。
旧来のビラミンAの栄養学が今塗り変えられようとしています。

ベータ・クリプトキサンチンは、フェレットという動物に喫煙させ、生じる前癌病変を明らかに抑制しました。
前癌病変の細胞は、皮膚、食道などの扁平上皮細胞から発生します。

ブアメラの作用
赤い果実ブアメラの前臨床試験では、抗腫瘍効果、美白効果(メラニン産生抑制)や脳卒中ラットの延命効果などが確認されています。
また、欧州で行われた臨床試験で、ブアメラ・ソフトカプセルを飲用することでニキビや油症に効果があることが確認されました。
インドネシアでも効果を示す成績が認められています。

ブアメラ・ソフトカプセルを飲用することで、育毛効果があることが日本および欧州で確認されました。

ビタミンAは3種類の物質に分類され、総括してレチノイドと呼びます。
レチノイドになる前のプロビタミンA(ベータ・クリプトキサンチンなど)そのものが、皮膚や毛髪に対して何らかの作用を及ぼすことが推測されます。
上述の喫煙による扁平上皮細胞から発生する前癌病変をベータ・クリプトキサンチンは抑制します。

このようなことから、日本人においても赤い果実「ブアメラ」がニキビ対策に使用できないか確認したく、モニター様を募集するに至りました。

ニキビとは
ニキビ、Acne Vulgarisという疾患です。
皮膚の毛脂腺ユニット(毛、毛包、脂腺)の慢性炎症と定義されます。

図1

毛脂腺ユニット

発症年齢は、男性:10~17歳、女性:14~19歳、40代まで持続する場合もあります。

発症率は、
アジア人で10%、
アフリカ系アメリカ人で25%、
白人で29%といわれています。
幸い日本人の発症率は、白人に比べ低いですが、白人社会では大きな社会問題になっています。

実際にニキビで悩んで方は、うつ、自殺願望、不安、心身症状、はじらい、困惑や社会への抑制感などを示しています。

ニキビの発症と種類
発症には、次のような 過程が関与します。
1脂腺分泌物の増加
 副腎皮質の成熟化
 脂腺細胞数の増加と過剰分泌
2異常な上皮細胞の剥離
 毛包の上皮細胞の角化の亢進
 毛包流出路の拡大と分泌物停留
 Blackhead:解放性、メラニンと角化細胞詮
  Whitehead:閉鎖性、ケラチン・脂肪、炎症
3細菌感染増殖
 閉鎖性毛包内の脂質増加
 にきび菌(P. acne)の増殖
4炎症
 にきび菌による脂肪の分解産物
 (脂肪酸、グリセロール)は炎症を誘起する
図2
面皰性にきび, Comedonal Acne, Black head
図3
面皰性にきび, Comedonal Acne, White head
図4
丘疹・膿庖性にきび, Papulopustular Acne
図5
小結節・嚢胞性にきび, Nodulocystic Acne
ニキビ発症の機構
4つの機構が関与しているが、その詳細な順番や相互作用は不明な点が多い。

1 炎症メディエーターの皮膚への放出
2 角化過程の異常によるニキビ(面皰 comedone)の形成
3 男性ホルモン(受容体の感受性の増加も含む)による皮脂産生の増加と異常
4 皮脂腺にニキビ菌の集族化
脂腺は免疫系の重要な組織であり、T細胞、大食細胞が皮膚に防御関与し、抗菌性たんぱく質、神経性たんぱく質や抗菌性の脂質を分泌している。
各脂腺は内分泌腺としての働きを行い、よってストレスによりニキビができる。
脂腺胞内は嫌気状態で脂質が豊富な環境のため、ニキビ菌の集族化をもたらし、ニキビ菌は脂質産生を促進する。
このように、様々な因子が相互に働き重篤なニキビ病巣へと進展していく。
ニキビの管理と治療
1 皮膚の衛生
  洗浄によってニキビができる、治癒するという科学的な成績はありません。
  抗菌作用のある洗浄剤は軽度なニキビには効果があるかもしれない。
  アルカリ性洗浄剤より、酸性のものが良いでしょう。
  頻繁な洗浄やこすり過ぎは皮膚表面の脂肪の取り過ぎと乾燥肌になり、逆に脂質の産生を促します。
2 ニキビ治療への理解
  ほとんどの治療が、ニキビを治癒することができないと考えた方がよい。
  また、ニキビ治療は新しくニキビができるのを予防するように働くものが多く、効果を確認できるに数カ月が必要です。
3 塗布治療剤と経口治療剤
  現在、ニキビ治療に使用されている医薬品とその効果を一括して次の表に示します。

薬物

経路

皮脂分泌

角化

ニキビ菌

炎症

過酸化ベンゾイル

皮膚、経口

(+)

+++

(+)

レチノイド

皮膚

++

(+)

+

クリンダマイシン

皮膚

(+)

++

抗男性ホルモン

経口

++

+

アゼライン酸

皮膚

++

++

+

テトラサイクリン

皮膚、経口

++

+

エリスロマイシン

皮膚、経口

++

イソトレチノイン

皮膚、経口

+++

++

(++)

++

 —:効果なし (+):間接的・弱い効果  +:中等度効果、++:高度効果   +++:非常に高度な効果

治療薬の問題点
過酸化ベンゾイルは、様々な効果が期待できる医薬品です。
しかし高濃度の製品では、皮膚の刺激性が問題となります。
抗生物質は、ニキビ菌の殺菌や抗炎症作用により効果を発揮します。
また背中のニキビは塗布できないので、服用剤が用いられます。
しかしニキビ菌や他の細菌に対して耐性を持つ場合もあり、長期の使用に問題があります。
抗男性ホルモン剤、経口避妊剤は男性ホルモン優位に起因するニキビに適用されます。
しかし、血栓形成を誘起する副作用があります。
イソトレチノインは、レチノイン酸というレチノイドに分類されます。
重篤なニキビ(小結節・嚢胞性)に対して、あるゆる作用を持つ非常に効果が確かな医薬品。
1日1mg/体重kgを20週間飲用で85%の治癒率。
再発率は21%ですが、摂取量と期間により変化するようです。
しかし、ビタミンAによる奇形児の出産の危険性があり、使用が厳しく制限されます。
さらに、うつ病を誘発し、自殺例が多数報告され訴訟例が500件に達し、Rocheは販売を停止しています。
以上のニキビに関する出展
H. C. Williams, R P Dellavale, S Garner.
Acne vulgalis: Seminar,
Lancet, Published online August 30, 2011
ブアメラの安全性
ブアメラの急性毒性試験では、ラットに2mL/kgを投与して急性毒性作用はなし。
ラットに4週間、0. 1, 0.3 及び1mL/kgを経口投与し、総ての検査で異常は認められなかった。
遺伝子への作用をみるエームス試験で、ブアメラは突然変異原性作用は認められなかった。

プロビタミンAは、レチノイドと異なり奇形児の可能性は全くないことは常識になっています。
インドネシアのパオア島住民は、ブアメらを常食しますが健康被害は報告されていません。
インドネシア、日本でも7年以上ブアメラが健康食品として使用されていますが、健康被害は報告されていません。
ブアメラによる飲む栄養機能美容製品を目指して
M&Kはブアメラ中に微量栄養素ベータ・クリプトキサンチンを発見して以来、現代人に不足するこの物質が健康維持・管理に有益であることを研究してきました。
そして益々進む高齢化社会の日本で、健康長寿の栄養機能食品として寄与できることを願っています。

ベータ・クリプトキサンチンの生理作用の研究から、ニキビやオイリースキン(油性皮膚)に対して有益な作用が示唆されました。
ブアメラを機能性美容分野へ拡大して行きます。
「栄養機能食品ブアメラによるNutriCosmetic
Anti-Agingを目指して」
お問い合わせ
(株)エムケーラボラトリーズ
mk-info@thisismk.co.jp

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ