NEWS

カテゴリ: EVCO >アルツハイマー病 >インドネシア >原料

エクストラバージンココナッツオイル(EVCO)ってなに?

2015年08月02日 13:19 | コメント/トラックバック (0)

EVCOは21世紀のオイル

EVCOってなに?

熱帯気候の中で育ち、完熟したココナッツ(Cocos nucifera)の実を採取後速やかに、その果肉を低温下、一切の化学物質を使用せず搾油したものです。
完全に天然のオイル。
アジアと太平洋諸国で構成されるAPCC(アジア太平洋ココナッツ委員会 http://www.apccsec.org)のVCO(ヴァージン・ココナツ・オイル)の基準に勝る、良品質のオイルです。
甘い香りが純粋な天然オイルの特徴です。

EVCOの特徴

100%純粋な天然オイル
体への役割が見直されている中鎖脂肪酸60%以上
中鎖脂肪酸は速やかにエネルギーとなり脂肪として沈着しない 
(肥満防止)
酸化・酸敗しない飽和脂肪酸は90%以上
不飽和脂肪酸が少ないため酸化されず日持ちする
天然オイルだから25度以下で固まる
悪玉オイルのトランス脂肪酸がゼロ
生活習慣病予防の機能性食品


見直しが迫られる食用オイル

通常のココナッツオイルは、高温で処理、精製されたものでEVCOとは異なります。
ほとんどが石鹸などの化粧品業界で使用されますが、インドネシアから日本への輸入はほとんどありませんでした。

ココナッツオイルは食用油として認可されていますが農林水産省の指導(?)あるいはアメリカ政府の圧力(?)なのか、日本では推奨されていませんでした。
農林水産省の食用植物油脂品質基準告示(平成16年)にも含まれていません。
嗜好上の問題ではなく、(米国の圧力による)政策に関わる、日本にとっては健康上の問題に発展するであろう。

非天然、合成オイルであるトランス脂肪酸を含む食用油を食用油製造会社、食品加工会社の奨励、また政府黙認(国策)で食べさせられてきました。
植物由来でも高温による精製でトランス脂肪酸が生成されます。

また、不飽和脂肪酸に飽和脂肪酸の性質を持たせるための水素化によってトランス脂肪酸ができ、ファーストフ-ドMAC・KFCやファミリィーレストランチェーン店、あらゆる加工菓子・食品、最もひどいのが健康に良いと宣伝されたマーガリンに大量に含まれています。

しかし、悪玉オイル・合成オイルのトランス脂肪酸が肥満、動脈硬化・心臓病、糖尿病、乳がんなどの原因である事が明らかにされています。
よって、賢明な諸国では制限あるいは禁止措置がとられ始めています。。
国民の健康に配慮がないわが国では、トランス脂肪酸が豊富な食品を今後も強制させられているのが現状です。
自己の健康管理は、自己で行う事が必要になります。

EVCOは国際協力研究の一課題

M&Kはノニ研究から中鎖脂肪酸の効果に注目し、日本とインドネエシアの国際協力研究に値すると提言し、日本ーインドネシアのEPAで取り上げられています。
フィリピンの著明な医師・科学者であるダイリット教授と「善玉オイルと悪玉オイル」は、「一瓶の薬局」にまとめています。

coconutEVCO 360g

EVCOのお問い合わせは
(株)エムケーラボラトリーズ
電話:0263-26-7588

コメントをどうぞ

NEWSTOPへ M&KぶろぐTOPへ

Feedを登録して情報をすばやく取得!

Feedを登録
Twitter
    follow me on Twitter
    Twitter Facebookでも情報をご覧いただけます。

    このページのトップへ